えろ絵陵辱八景 荒縄の殺気(一): 家出人妻改造調教編

今作もKindle Unlimitedで読み放題でお読みいただけます。ぜひご高覧ください。

「あっ…い、痛い…」
成川はあゆみのパンプスを革靴のかかとで踏んだ。
「こういう時は『お許しください、ご主人様』 って言うんですよ、
世の中の奴隷たちは。ふふっ」
成川はあゆみの耳元で、息がかかるように言った。
「…お、お許し…ください、ご主人様…うっ」

…些細なことで家出した人妻のあゆみは、行きつけのサロンの経営者で11歳年下の成川を頼った。しかし成川の邸宅で繰り広げられたのは、変態性欲者成川によるあゆみへの陵辱調教だった。

えろ絵陵辱八景 荒縄の殺気(一)
〜家出人妻改造調教編〜

目次
♯家出人妻
荒縄の殺気
家出人妻の帰宅
奴隷の選択
肉体改造と肉体の悦び
作者プロフィール

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事